メニュー

厄介なニキビ跡

相談

クレーターを治したい

人によってはニキビ跡がクレーターになっているという人もいます。クレーターのようなニキビ跡はセルフケアですと見た目を薄くすることが出来るのですが、でこぼこ状態は完治させる事ができません。クレーター状のニキビ跡は肌がでこぼこ状態で綺麗な肌とは言えないので、しっかり完治させたいというのであれば、美容皮膚科など専門のクリニックでの治療が必要不可欠になります。クレーター状態のニキビ跡で悩まされているという人は多いこともあって、今では殆どの美容皮膚科がクレーター状態のニキビ跡の治療を受ける事ができるようになっているのです。これからクレーター状態のニキビ跡を治療したいという場合、どんな美容皮膚科やクリニックが良いのかを調べておいたほうが良いでしょう。地域エリアによって実績と信頼のある美容皮膚科やクリニックが違ってきます。

タイプの確認

クリニックを確認するだけでなく、自身のクレーター状態がどんなものなのかを確認しておくことも重要です。実はクレーター状態のニキビ跡には、3つのタイプがあるのです。針で突き刺した様な先端が細い状態がアイスピックタイプ、断面で見ると半円のようになっているローリングタイプ、最後に断面で見ると底が平良になっているボックスタイプです。これら3つのタイプで治療方法が変わってくるので、事前にクレーター状態を確認しておくことはとても重要なことなのです。治療ではレーザー治療やピーリング治療、患部注射治療などがあります。クリニックによって治療方法も変わってくることがありますので、クリニックの情報を確認する際には、どんな治療を行なっているかにも注目しておくと良いでしょう。

オススメ記事

ウーマン

たるんだ肌の改善と予防策

頬のたるみの原因は加齢だけでなく、日常の生活のちょっとした習慣によってなってしまうものも多いです。たるみになりやすい習慣に気を付けて生活をしていてもどうしても改善されないときには美容整形と言う方法があり、中でも注射によって肌にハリを与える方法は傷が少なく手軽にできるとあって人気があります。

詳しく見る

レディ

施術を受ける間にすること

年齢を重ねるに連れて気になり始める、顔のしわやたるみを軽減させることが出来る方法はいくつかあります。美容外科クリニックにより、行なっている施術方法に違いが見られることもあるので、施術を受ける際にはメリット・デメリットを確認しましょう。

詳しく見る

婦人

美を追求できる医療機関

美意識の向上を目的としている美容外科で行われるプチ整形が最近では人気となっており、気軽に利用できる医療機関となっています。注射をするだけでシワを改善したり、バストアップできたり、糸で留めるだけで二重になったり、メスを使用しないので安全性が高く、施術時間が短い方法が数多くあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 ニキビの正しい治療法をご紹介!美肌をゲットしたいアナタへ All Rights Reserved.